東京−広島で新幹線を片道のみ利用する

「片道は飛行機、片道は新幹線」
「片道は新幹線で東京〜広島を移動、その後広島から福岡まで行って、福岡からの帰りは飛行機」

 

など、片道のみ新幹線を利用される方もいるのではないでしょうか?
そこで、ここでは東京−広島の片道の新幹線について、料金を安くする方法をご紹介しましょう!

 

東京−広島の片道料金を安くするには?

東京−広島の新幹線は、往復であれば新幹線ホテルパックや往復割引を使って安くすることができます。
さらに、広島発〜東京行きの往復なら、お得な割引きっぷを利用することもできます。

 

特に、新幹線ホテルパックや広島発の「のぞみ早特往復きっぷ」を利用すると安く新幹線に乗ることができます。
ところが、片道となると、その手段はかなり限定されてしまいます。

 

片道でも利用できるのは…

金券ショップの格安チケット

金券ショップでは、「新幹線格安チケット」という名で新幹線の回数券を1枚単位で販売しています。
「のぞみ」の指定席でも使うことができますが、料金はそれほど安くなるものではありません。
料金の平均は片道17,600〜18,000円くらいで、片道19,080円の通常料金より1割もは安くなりません。
しかも、年末年始・GW・お盆休み前後の回数券が利用できない期間中は利用することができません。

 

エクスプレス予約

エクスプレス予約を利用すると、東京−広島の片道料金は17,660円。
この料金なら新幹線格安チケットと変わりませんが、エクスプレス予約ではEX早特という早割が使えます。
これを使うと、片道料金は平日15,900円と、通常料金より3,000円以上安くなります。
そして、さらに安いEX早特21は片道14,000円と片道5,080円お得です。

 

エクスプレス予約を利用するには、事前の会員登録が必要で、エクスプレスカードかJ-WESTカードに入会しなければなりません。
エクスプレス予約の通常予約(EX予約)は、金券ショップで販売している格安チケットとは違い、一年中いつでも割引料金で新幹線に乗ることができます。
ただし、EX早特は年末年始など一部利用できない期間があります。

 

 

東京−広島間の片道料金が安くなるのはこの2種類のみ。
これは、東京から広島へ行く時も、広島から東京へ行く時も同じで、これ以外には方法はありません。

 

東京−広島の新幹線は、往復で利用してこそ料金は格安になります。
片道料金はあまり安くはなりませんので、もし、「片道新幹線+片道飛行機」と考えている方は、どちらかの移動手段に統一した方が賢明です。

 

新幹線でも飛行機でも、「往復+宿泊」のツアーを使った方が、新幹線格安チケットや格安航空券を使うよりずっと安いので、もし可能であれば移動手段は「往復」で考えましょう。