東京〜広島で新幹線の自由席に乗ると…

東京〜広島間の指定席普通料金は19,080円。
自由席を利用すると18,040円(乗車券11,660円・特急券6,380円)になり、片道1,040円お得です。

 

東京〜広島間で自由席に1人で乗る場合、往復でも2,080円しか安くならず、エクスプレス予約往復割引新幹線ホテルパックを使って指定席を利用した方がお得です。

エクスプレス予約は、指定席17,660円、指定席早特15,940円。
往復割引は、往復で35,820円(片道17,910円)

金券ショップで格安チケットを買っても自由席に乗ることができますが、そのチケットが回数券であった場合、指定席にも同じ料金で乗ることができるので、あまり意味はありません。

 

それでも、帰省時期や行楽時期になれば必ず混雑する自由席。
混雑するには理由があったのです。

 

自由席がお得なのは?

自由席は大人1人が乗る分には、指定席と大した差額はありません。
しかし、子連れで帰省する方にとっては、新幹線料金を大幅に安くする手段なのです。

 

新幹線の子供料金は小学生から適用され、大人の半額で乗ることができます。
東京〜広島間の自由席なら、18,040円の半額で子供は9,020円。
ところが、それ以上に、小学生未満の幼児は自由席は無料なのです。

 

幼児は指定席に座席を確保すれば、片道9,540円、往復で19,080円かかりますが自由席なら無料。
このような料金設定になっているため、特に年末年始などの帰省時期には自由席が混雑します。

 

特に、小学生未満の幼児が2人いる家族では、往復2人分38,160円を無料にすることができるため、どんな早く駅のホームに並んでも自由席の座席は確保したいもの!
小学生未満の子供が1人または2人の場合、自由席を利用するよりも新幹線ホテルパック指定席を利用した方が安いです。
ところが、帰省などで宿泊予約の必要がない場合には、ホテルパックが使えません。
そんな子連れの帰省時には自由席の利用がお得です。

 

ただし、新幹線ホテルパックを使って1泊した方が、往復の新幹線料金より安いこともあるので、1泊宿泊できる方は自由席よりおすすめです!

 

学生もお得!

中学生以上の学生は学割を利用することができます。
しかも、東京〜広島間は往復割引も適用されるので、学割証の発行を受け、往復乗車券を同時に購入すれば3割近く安くなります。
しかも、指定席ではなく自由席を利用すると、さらに安いので、混雑する時期以外には、学割・往復割引・自由席という方法もあります。

エクスプレス予約を利用できる学生であれば、学割・往復割引・e特急券で乗車券・特急券の両方が割引になります。
詳しくはこちらのページも参考。

 

また、小学生未満の幼児と、中学生以上の学生がいる家族なら、学生は学割分だけお得に、幼児は無料で自由席に乗ることができます。