東京−広島で使えるエクスプレス予約とe5489

東海道・山陽新幹線に割引料金で乗れるエクスプレス予約と、山陽・九州新幹線に割引料金で乗れるe5489。

 

広島を通る山陽新幹線では、両方が使えますが、この2つの違いとは?
ここでは、エクスプレス予約とe5489の違いについて解説します。

 

エクスプレス予約

エクスプレス予約とは、東海道・山陽新幹線に割引料金で乗れる会員制の新幹線予約サービスで、東京−広島で使うと「のぞみ」通常料金19,080円が17,660円になります。
3日前までに予約が必要なEX早特を利用すると平日15,900円、土休日15,500円。
エクスプレス予約はエクスプレスカードまたはJ−WESTカードという専用のカードが必要で、新幹線が予約できるのは東京から博多までの間。
東京から広島まででも、広島から東京まででもこの料金で新幹線に乗ることができます。
エクスプレス予約(公式サイト)

 

e5489

東海道・山陽新幹線と九州新幹線の予約ができるサービスですが、このe5489を使った予約で割引になる新幹線は山陽・九州新幹線のみ。
東海道新幹線には割引が効きませんので料金は19,080円。
東京では切符の受取りができないため、広島から東京へ行く場合にしか利用はできません。
e5489ご利用ガイド

 

 

この2つを比べてみると、東京−広島間の移動が多い方にとってメリットがあるのはエクスプレス予約。
東京に住んでいる方も、広島に住んでいる方も同じです。
広島に住んでいる方は、e5489を利用する方も多いかもしれませんが、東京へ行く時にはエクスプレスカードまたはJ−WESTカードを作ってエクスプレス予約を利用しなければ料金的なメリットはありません。

 

広島発もこれで格安!

広島から東京へはe5489では安くなりませんが、新幹線ホテルパックを使うと安くなります。

 

 

スマートEXもお得!

東京〜広島の新幹線料金が安くなるエクスプレス予約は、基本的にはエクスプレスカードまたはJ-WESTカード(エクスプレス)が必要で、このどちらかのカードを利用するか、手持ちの対象カードでサービス利用料を追加支払いしないと利用することはできません。
しかし、東海道・山陽新幹線には、もう一つ料金が安くなる会員制の割引サービスがあります。
それが「スマートEX」。

 

このスマートEXは、交通系ICカードと手持ちのクレジットカードを登録し、乗車(改札通過)には交通系ICカードを使い、決済にはクレジットカードを使います。
しかも、年会費が無料で、専用のクレジットカードも不要です。
ただし、通常予約時の料金は片道200円しか安くなりません。

 

ところが、スマートEXで往復分の予約を同時に行えば往復割引が効き、往復割引乗車券を利用するよりさらに片道200円安くなります。
また、早めに予約が必要な早特商品の料金はエクスプレス予約と同じなので、早めの予約が可能ならスマートEXはお得です!